ホーム
お気軽にお問い合わせください。TEL:0880-22-1191
  • 病院のご案内
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 関連施設
  • お問い合わせ

病院のご案内

放射線科

情報量の多い画像を提供する

放射線科では、各診療科から依頼される、一般撮影・マルチスライスCT・X線テレビなどの画像撮影を行っています。情報量の多い画像を提供する事を基本に、画像のデジタル化と電子カルテにより、患者さんの情報を共有化し的確な診断ができるようチーム医療でサポートしています。患者さんに安心して安全な検査ができるよう努めています。

明るく開放的な一般撮影室

  • 一般撮影は、簡便かつ迅速に画像情報が得られますので、放射線を用いた最初の診断に用いられる最も頻度の高い検査です。
  • 健康診断の胸部撮影や、骨の撮影などでおなじみの、いわゆるレントゲン検査です。
  • 当院では、画像情報の電子化(フィルムレス化)により、迅速な画像の提供や利便性の向上が図られています。

マルチスライスCT装置

通常のレントゲン写真が2次元表示であるのに対し、CTは3次元的に表示する方法です。非常にわかりやすく体内の前後左右の位置関係を写し出しますので、隣り合った臓器に対して区別する能力に優れていて、病気の存在や構造を知るのに有効です。当院では、16列のマルチスライスCTを使用しています。

マルチスライスCTの大きな特徴として

① 大幅な撮影時間の短縮ができる。
② 非常に細かい感覚(0.5mm)での撮影ができる。
③ 立体的な画像化が容易にできる。
④ 一度に広範囲の撮影ができる。

などの特徴があります。

  • 地域の皆さまへ
  • 在宅生活支援・地域連携室
  • 採用情報
  • サービス付き高齢者向け住宅「ひなた」
  • 社会福祉法人 高幡福祉会
ページの先頭へ戻る